• 愛知県セパタクロー協会

    Aichi SepakTakraw Association: AiSTA

     

    「愛知県内におけるセパタクロー人口の拡充」を目的とする組織です。

    日本セパタクロー協会傘下団体として、2019年に県内の選手達が立ち上げました。

     

    体験会・デモンストレーション・講習会・チームの紹介などを請け負います。

    2026年に開催される愛知・名古屋アジア競技大会を盛り上げるべく、

    新チーム立ち上げへの援助や国内大会の開催なども視野に入れて、活動中です。

     

    最終更新日: 2019/4/24

  • News

  • セパタクローとは?

    どんなスポーツ?

     セパタクローを一言で表すなら、「足でやるバレーボール」です。バドミントンと同じ広さのコート、同じ高さのネットで、3人 vs 3人で行うスポーツです。(2vs2、4vs4 などの種目もあります)

     

     バレーボール同様、3回以内のボールタッチで相手コートに返せないと相手側の得点になります。バレーボールとの大きな違いは、(1) 手を使えない、(2) 一人で続けてボールタッチしてよい、(3)守備位置のローテーションは無い、(4) サーブは一人が投げた球をもう一人が打ち、3本毎に交代する、などです。

     

    ルール解説(日本セパタクロー協会)

     

    セパタクローの魅力

     観戦する上での魅力は、なんといってもアクロバティックな空中戦サッカーなどでは一試合に一本あるかどうかのオーバーヘッドキックが、一試合に何十回と見られます。150 km/sにも達するアタックに対して、ブロックやレシーブなどによる駆け引きも展開されます。

     

     競技をする上では、最初から上手くできる人は少数派で、始めのうちは地道な練習が必要になることもあります。一方、一つ一つのプレーが難しいからこそ、できた時の爽快感は格別です。やればやるほど上手くなり、身体の使い方に対して深く理解できるようになるところに、面白みを感じる選手が多いです。

     

    日本代表にもなれる?

     日本におけるセパタクローの競技人口は公称2000人程度。サッカーや野球に比べれば、日本代表になれる確率は高いと言えます。日本では大学生で始める選手が多いので、もっと早くから始めれば日本代表になれる見込みは高い!

     

     ただし、競技人口が少ないからと言って、トップに君臨する選手たちの情熱まで低いわけではありません。むしろセパタクロー界全体を引っ張っていくような高い意識を持つ選手が多いと言えます。だからこそ、挑む価値があると言えるでしょう。

     

    〇 yahoo newsに掲載された代表選手のインタビュー記事

     

     

    あなたもやってみませんか?

     セパタクローはポジションによって求められるプレーが変わる、分業のスポーツです。背が高くなくても、足が速くなくても、高くジャンプできなくても、一芸を生かして活躍する道があります。身体能力が高くなくても、地道な練習によってのし上がった選手が何人もいます

     

     今から始めて本気で取り組めば、地元で開催される世界最高の大会、2026年愛知名古屋アジア大会にて日本代表として活躍するのも夢ではありません。

     自分の強みを生かして、上達する喜びを一緒に感じてみませんか?

    Let's play Sepaktakraw!!

     

    セパタクローの技

    〇 サーブ

     セパタクローの試合は、ネットの脇に立った選手が投げたボールを、コート中央付近に立った選手が相手コートに蹴りこむことで始まります。トップレベルでは、足を回すようにして、顔よりも高い位置で蹴りこみます

     

    〇 レシーブ

     サーブを打たれたチームは、手以外のあらゆる部位を使ってレシーブします。ポジションによってはヘディングを中心にレシーブする選手もいます。

     

    〇 トス

     レシーブできたボールをアタックにつなげるため、頭上高くトスをあげます。多くのチームで、レシーブは全員で行い、トスはほぼ全て一人の専門の選手が行うような決めごとがあります。地味に見えますが、試合の行方を決めるほどに重要なプレーです。

     

    〇 アタック

     上がったトスを相手コートにたたきつけるべく、アタックを行います。トップレベルではほぼ全てのボールをオーバーヘッドキックで相手コートに返します。最もアクロバティックな、セパタクローの花形プレーです。

     

    〇 ブロック

     相手のアタックに対して、ネット際で足や背中などを使って止めるプレーが、ブロックです。足でブロックをする場合、バレーボールと違って足の下をアタックが抜けていくこともあります。高度な駆け引きが展開される、「空中の格闘技」との別名の所以ともなるプレーです。

  • 愛知県におけるセパタクロー

    愛知県協会の活動

    「セパタクローに興味を持った、やってみたくなった、イベントなどへの協力を希望する、サッカーなどの技術向上に取り入れたい、取材したい、写真を撮ってみたい・・・」

     

    愛知県セパタクロー協会はそんな方々をサポートします。

    まだまだ手探りですが、以下のような活動を展開します。

     

     

    〇 体験会・デモンストレーションの開催

      各種イベントの中での開催など、ご依頼があれば喜んで伺います。

      サッカーやフットサルチームへの講師派遣等も請け負います。

      (例:右は2018年に終了したイベントです)

      ご相談下さい。

     

    〇 クラブチームの紹介・日本協会との橋渡し

      練習を体験してみたい方に、チームを紹介します。

      (現状:愛知セパタクロークラブ(拠点:春日井・名古屋)の紹介)

      イベントに日本代表選手を呼びたいなどの相談にものります。

      (成否は保証できかねます)

     

     

    (以下は構想中の計画、需要があればご連絡ください)

     

    〇 新チームの立ち上げの援助

      希望があれば、練習方法やクラブ運営についてのアドバイス、

      用具の貸し出しやコーチの派遣などを行います。

     

    〇 選手育成のための講習会やトレーニング合宿の開催

      愛知県協会スタッフがコーチとなる他、

      日本協会の協力による日本代表選手の招聘も視野に入れています。

     

    〇 県内外の選手のための大会の開催

      選手が日頃の研鑽を披露する機会、一般の方への観覧の機会、

      愛知県内における大会開催のノウハウを蓄積する機会を提供します。

     

    県内選手 主要大会成績

    体験会などでは、全国大会で入賞経験を持つ選手が直接コーチします。

     

    全国大会:

    2016 全日本選手権 Men's div.  ベスト8(2部相当)

    2017 新潟ダブルス大会 Men's div. 優勝・3位(2部相当)

    2017 全日本オープン選手権 Men's div. 優勝(2部相当)

    2017 埼玉オープン 準優勝・3位

    2018 全日本社会人選手権Men's div. 準優勝(2部相当)

    2018 埼玉オープン 準優勝・3位

    2018 大阪オープン 準優勝(1部相当)

     

    地方大会:

    2015 関西大会 一般の部 準優勝

    2017 関西大会 初心者の部 準優勝

            一般の部 準優勝

    2018 しまね大会 初心者の部 準優勝

     

    普及活動実績

    2016 東海テレビ「みんなのニュースOne」で特集される

       クラブの紹介・森アナウンサーによる体験の模様などが放映

       朝日新聞愛知県スポーツ振興課の広報サイトでも取り上げられる

    2018 「真夏のオアシス大作戦」に協力(栄・オアシス21)

       体験会とデモンストレーションを行う

    2018 「名古屋まつり」に協力(久屋大通公園)

       体験会とデモンストレーションを行う

    2018 「スポーティブライフin瑞穂」に協力(パロマ瑞穂スタジアム)

       日本代表による体験会とデモンストレーションをサポート

    2019 Webメディア「BRATH MAGAZINE」にインタビュー記事が掲載

     

    その他、愛知セパタクロークラブとして体験会を年間数回開催

     

    愛知県におけるセパタクローの歴史

    2009 名古屋セパタクロー庄内チキンズ発足

       愛知県初のセパタクローチーム、未経験者の社会人・学生が中心

    2012 庄内チキンズ、中心メンバーの転勤などにより活動休止

     

    2014 愛知セパタクロークラブ発足

       2019年現在愛知県唯一のセパタクローチーム

       慶應大・千葉大OBら経験者が中心となり立ち上げ

       経験者の他、未経験の高校生・大学院生・社会人らが在籍

    2019 愛知県セパタクロー協会発足

       愛知セパタクロークラブ部員を中心に普及活動の地盤を形成

              ・

              ・

              ・

    2026 愛知・名古屋アジア競技大会開催予定

       セパタクローにおける世界最高の大会が地元で開催される!!

       この大イベントに向けて愛知県内のセパタクローを盛り上げたい!

     

     

     

    (創設メンバーリスト含む)

     

     

     

     

    ※ その他メッセージ:

     

     日本では歴史が浅く競技人口も少ないセパタクローの世界は、権力や利権とは無縁です。昨今スポーツ界で度々問題となるパワハラ的な土壌が存在しません。健全な競争の元、安心して競技を楽しめる環境が保証されています。

     名古屋市長による「部活の民営化」という言葉にも表れるとおり、教員の過重労働の観点から各学校における部活動の制限などが始まります。スポーツを楽しむ場をとりまく環境は年々厳しくなっています。そのような状況の中、セパタクローというスポーツは、仲間とのコミュニケーションや身体の使い方を学ぶのに最適な競技でもあります。セパタクローを通じて共に成長する仲間を、私たちは待っています。

  • リンク集

    日本セパタクロー協会

    日本におけるセパタクローの統括団体

    facebookは更新頻度が高く、大会等に関する最新情報が掲載されている

    愛知セパタクロークラブ

    現状、愛知県における唯一のセパタクローチーム

    随時メンバー募集中、体験してみたい方はぜひご連絡を

  • ご連絡

    セパタクローをやってみたい、見てみたい、興味を持った、依頼したいことがある、何でも遠慮なくご連絡ください。